すべてのお客様にご満足いただくこと。
それが株式会社ライフアップの喜びです。

株式会社ライフアップは、「人と人」「企業と企業」の信頼関係を重んじます。
そして、お客様に最高品質の健康食品などの商品をご提案・ご提供するとともに、
常に心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、健康で豊かな社会の実現に貢献します。

株式会社ライフアップ オリジナル商品

ゴールドエンザミン

ゴールドエンザミン

エンザミンに糖鎖栄養素を加えました。

ゴールドエンザミンの主成分「ENM」は「酵素」と謳われる一般の健康食品とは全く異なります。

酵素を構成するのはタンパク質ですから、当然ながら製品化過程の加熱や胃酸によって変性し、活性は失われます。

しかし、エンザミンは加熱にも酸にも変性しない酵素様低分子ペプチドが主成分なのです。

ゴールドエンザミンは生体の情報を伝える糖鎖栄養素を配合し、人間本来の健康維持能力を高める理想の健康食品となりました。

ゴールドエンザミンは、
販売店様の大切なお客様のお役に立てる商材であると確信しています。

アクノス2000

アクノス2000

アクノス2000

明日が見える、アラビノキシラン。

アクノス2000は、トウモロコシ由来のアラビノキシランニゲロオリゴ糖を配合した液体タイプの健康食品です。

アラビノキシランとは、フコイダンやβグルカンと同じ「多糖類」に分類される「水溶性食物繊維」です。

また、アラビノキシランはイネ科の植物(イネ・小麦・トウモロコシ等)に多く含まれ、多糖類としては極めて稀な五炭糖の「アラビノース」と「キシロース」を構成糖としています。

アクノス2000に使用するアラビノキシランは、コーンインダストリー国内最大手の日本食品化工株式会社(東証2部上場・三菱商事グループ)がトウモロコシの種皮から抽出・精製したもので、他のイネ科植物由来のアラビノキシランとは一線を画す高純度のアラビノキシランです。

高純度だからこそ、液体として1本10mlに2000㎎という高配合を実現できました。

アクノス2000は、弊社が自信を持っておすすめする商品です。

今、注目の商品

紅豆杉

古代中国王朝で門外不出とされた仙樹「紅豆杉」

紅豆杉は、中国・秦の始皇帝時代から王朝で不老不死を夢見る貴重な仙樹として大切に愛用されてきました。
科学的根拠に基づく長年の研究と成果が実を結び、年々「紅豆杉」はその有用性が評価されてきました。
株式会社ライフアップでは、最も信頼できる商品のひとつとして紅豆杉をおすすめしています。

ミラグロAG

究極の若返りを追求した奇跡のサプリメント

健康で元気な毎日を応援
マグロから抽出した新しいDHAをはじめ、自然の栄養素をカプセルに濃縮
トップアスリートのパフォーマンスもサポートします。

横浜薬科大学 特任教授 渡邉 泰雄 推奨・監修

アルフラット(亜鉛含有食品)

アルフラット

亜鉛を有効に利用するための究極配合!

「亜鉛」含有食品「アルフラット」は、「亜鉛」のパワーを最大限に引き出す組み合わせに着目し、ビタミンCの他、代謝に必要なクロムやセレンなどの微量なミネラルを配合。

また、脂質やタンパク質、必須アミノ酸、各種ビタミン、有機酸、ミネラルなど多くの成分を含む紅景天。更には、働き蜂の40倍も長生きする女王蜂の生涯 において唯一のエネルギー源であり、豊富なミネラルやアミノ酸を含むローヤルゼリーを配合しました。

「アクノス2000」が衣替え

アクノス2000

日頃より、株式会社ライフアップのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 株式会社ライフアップは、健康食品や漢方薬について造詣が深く勉強ご熱心な全国の先生方のもとに、確かな科学的根拠を持つ高品質な健康食品を・・・

「エンザミン」のメタボリックシンドロームに対する有効性

ゴールドエンザミンの甘味料を天然の「黒糖蜜」に変更

低カロリー酵素「エンザミン」のメタボリックシンドロームに対する有効性を発表 英国ケンブリッジ大学出版「Journal of Nutritional Science」に掲載 近畿大学名誉教授の松尾理先生らの研究により、発酵・・・

紅豆杉とは

紅豆杉

太古の生きる化石 紅豆杉は「スギ(杉)科」ではなく「イチイ(一位)」科の植物です。 紅豆杉は、恐竜が繁栄していた2億年前の中生代(期)から一属一種のままの姿で生き延び、新生代第4紀氷河期からの厳しい大自然の風雪にも耐え、・・・

ホームページをリニューアルしました!

約2カ月かかりましたが、株式会社ライフアップのホームページをリニューアルし公開しました。 小売業ではなく卸売業ですから、今まではインターネットでの告知には無関心でした。 しかし、時代の流れを考えると機会利益を失っているこ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ